被虐のアマゾネス 女王と王女の戦い

 キャラクター設定

ホーリーバン派

 オルガ 10万人以上いるアマゾネスの女王。気高き精神と肉体を持っている。
      さらに、格闘技の最高クラスである、アマゾネス級の実力者でもある。 
      殿狩りの方針をめぐって妹ミア王女達の策略にあい、
      調教を受ける。

      しかし……

 ミア  オルガの妹。三姉妹の二番目の王女。
     アマゾネスの民のため、姉であるオルガを軟禁して、調教を始めるが……

 レミリア アマゾネスの家臣の一人。ミアからオルガの調教担当を命じられる。

 オパ   アマゾネスの老婆。家臣とは別の立場にいる長老家臣のトップ。ご意見番。

 ムリア  オルガの一番理解ある側近。しかし、オルガの政策にはほとんど反対の立場。

 アイリ   レミリアの慰め係。女王であるオルガがあまり好きではない。家臣ではなく平民の身分。

 シャルテ  三姉妹の三番目の王女。
        姉オルガの考えにはやはり反対だが、ミアや家臣達の方法にも疑問を持っている。

 マーラ   親衛隊の乙女長。筋肉隆々タイプ。この世界では、
        隊長の事を乙女長と呼ぶ。


カルトバン派


 メーラル 家臣クラスの一人だが、実は清廉潔癖を信条とする
       裏の世界の闇組織カルトバンの事実上のトップ。

 ミレイア 若きカルトバンの幹部候補生。屈強の女戦士タイプ。

 あらすじ

 都市国家と呼ばれる10万人いるアマゾネスの集団。
 そこの女王になったオルガ。
 だが、彼女は今までの殿狩り等の慣習をすべて規制し、
 厳格なアマゾネス集団にしようと考えていた。
 その考えには、民も家臣達もほぼ反対。

 ついに、家臣たちや王族は、ミア王女を中心として、伝統にのっとり女王を軟禁する。
 調教して考え方を変えさせるために……
 しかし、カルトバンの世に変えたい勢力が女王を救い出す。
 そしてミアに逆調教をするのだった……

 女王オルガと王女ミアの骨肉の争いの物語。

 女王オルガと王女ミアを中心とした逆転、逆転のレズ調教がメインです。
 背徳学園女子部の雰囲気とミセルバ様の物語を混ぜ合わせた感じにしようと思ってます。
 殿狩りという用語がありますが、男はまったく出てきません。
 屈服浪漫さんへ投稿です。

6月17日 屈服浪漫で第8(終)章まで掲載されました。

6月11日 屈服浪漫で第四章まで掲載されました。

5月19日 ページ下部に小説の一部のページを公開!

5月18日 加筆執筆完了しました。
       投稿作品なので、掲載待ちです。


5月17日更新↓

 章は全部で8章あります。

 内容は、焦らし調教がメイン。逆転調教、複数レズ責め、淫虫生物責め、バイブ責め、浣腸、放尿、
 禁断の姉妹導尿責め等、

 
その他にイク寸前の淫液だけをひたすら吸い続ける淫タコ生物に、
 徹底的に寸止めされて苦しむ責めなどです。




 ページ数は、
 40×20行
 ページ数450強

 文字数 11万文字以上です。

第1章 女王オルガ

第2章 恥辱の軟禁

第3章 皮肉な救出劇

第4章 ミアへの逆転調教

第5章 オパ襲撃!

第6章 親衛隊の逆襲!

第7章 再びの恥辱

第8章 被虐の日々


小説の一部紹介

屈服浪漫さんのサイトへ

あーくんのH部屋トップへ